HOME  BACKユリ科エリスロニウム属   耐寒性球根
カタクリ (片栗)
Erythronium japonicum
  山中や原野の傾斜地などに自生する球根草。スプリング・エフェメラル(春植物)のひとつ。名前の由来は、花が傾いた籠状の花という意味のカタカゴ(堅香子)が転訛しカタクリになったとされる。3-5月に長い花茎の先に4cm程の淡紫色の6個の花被片が反転した花を下向きにつける。根生葉は6-12cmの狭卵形で2個出る。カタクリの球根から澱粉を取り出して粉にしたものが片栗粉(近年はジャガイモを使用するものが多い)。若芽は山菜として食用になる。富山県高岡市の花。
英  名Dog tooth violet
別  名カタカゴ(堅香子)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、ロシア(サハリン、千島列島)
花  期3月-5月
草  丈10-30cm
地  域全土
環  境山地/林縁/草原
種  別自生
花言葉初恋、情熱
カタクリカタクリ
カタクリカタクリ
カタクリカタクリ
ユリ科エリスロニウム属の仲間

ユリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ