HOME  BACKツゲ科フッキソウ属   常緑小低木
フッキソウ (富貴草)
Pachysandra terminalis
  林内に自生する常緑小低木。名前の由来は、繁殖力が強く常緑の葉が茂る様子と稀に白い宝石のような実がつくことから「繁栄を祝う」として縁起が良い意味の富貴がつけられた。名前に草がつくが木本である。花穂の上部に4本の雄しべがある雄花と、下部に雌花がある。葉は光沢があり、互生、葉身は卵状狭楕円形。グランドカバーで利用される。
英  名Japanese spurge
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期3月-4月
樹  高20-40cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生/栽培
花言葉良き門出
フッキソウフッキソウ
フッキソウフッキソウ
ツゲ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ