HOME  BACKヤナギ科ヤナギ属   落葉低木
ネコヤナギ (猫柳)
Salix gracilistyla
  渓流や河原などの湿った場所に自生する落葉低木。名前の由来は、銀白色の花穂を猫の尾に見立てた。枝は良く分枝し樹高は1-4m。雌雄別株。3月頃葉がでる前に開花する。雄花の花序は3-5cmの黄色や紅色、雌花の花序は2-4cmの赤紫色。葉は互生し、葉身は7-14cmの長楕円形、縁に細かい鋸歯があり、先は尖る。庭木で植栽される。
別  名タニガワヤナギ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期3月-4月
樹  高1-4m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/河原/池沼
種  別自生/栽培
花言葉自由、気まま
ネコヤナギネコヤナギ
ネコヤナギネコヤナギ
ヤナギ科ヤナギ属の仲間

ヤナギ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ