HOME  BACKアブラナ科タネツケバナ属   越年草
ミチタネツケバナ (路種漬花)
Cardamine hirsuta
  ヨーロッパから東アジアに分布する越年草。帰化植物。名前の由来は、道端などの乾いた場所に生え、タネツケバナによく似ることから。葉は羽状複葉、4-7対の小葉は広楕円形、頂葉は卵円形、果期にも残る。茎に葉は線形でほとんどつかない。2-5月に茎先に総状花序をだし、小さな白色の4弁花をつける。雄しべは普通4個。よく似るタネツケバナは、湿地に生え、雄しべは普通6個、茎にも葉がつき、果期に根生葉が枯れる。
英  名Hairy bittercress
別  名ケタネツケバナ
原産地/原生地ヨーロッパから東アジア
花  期2月-5月
草  丈10-30cm
地  域日本全土
環  境田畑/草原/道端
種  別自生
花言葉熱意
ミチタネツケバナミチタネツケバナ
ミチタネツケバナ 
アブラナ科タネツケバナ属の仲間

アブラナ科の仲間
アブラナ アラビス イオノプシディウム イヌガラシ イベリス ウメハタザオ エゾスズシロ オーブリエチア オオバタネツケバナ オランダガラシ カキネガラシ カブ コマツナ コンロンソウ ゴウダソウ ザーサイ シュッコンアリッサム スイートアリッサム スカシタゴボウ ストック セイヨウカラシナ タアツァイ タネツケバナ ダイコン ナズナ ナノハナ ニオイアラセイトウ ハクサイ ハナナ ハボタン ハマダイコン ハマハタザオ ハルザキヤマガラシ バージニア・ストック フジハタザオ ブロッコリー ヘリオフィラ・ロンギフォリア ホソバタイセイ マメグンバイナズナ ミヤマタネツケバナ ミヤマハタザオ ムラサキハナナ モロッコナズナ ヤマガラシ ヤマハタザオ ユリワサビ ルッコラ ワサビ

iPhoneアプリ-花しらべ