HOME  BACKアブラナ科ナズナ属   越年草
ナズナ (薺)
Capsella bursa-pastoris
  日当たりの良い道端や畑などに自生する越年草。名前の由来は、可愛い花の意で「撫でる菜」が転訛したという説、夏に葉がなくなることから「夏無」が転訛したという説がある。別名のペンペングサは、三角の果実を三味線のバチに見立てた。2-6月に茎頂に総状花序をだし、小さな白色の4弁花を多数つける。茎葉は披針形で基部が茎を抱く。根生葉はロゼット状で羽状深裂する。春の七草のひとつで、花をつける前の若芽を食用にする。ビタミンC、鉄分を多く含む。
英  名Shepherd's purse
別  名ペンペングサ
原産地/原生地ユーラシア
花  期2月-6月
草  丈10-50cm
地  域全土
環  境田畑/山地/草原/市街地/道端
種  別自生
花言葉すべてを捧げます
ナズナナズナ
ナズナナズナ
アブラナ科の仲間
アブラナ イオノプシディウム イヌガラシ イベリス ウメハタザオ エゾスズシロ オーブリエチア オランダガラシ カキネガラシ カブ コマツナ コンロンソウ ゴウダソウ ザーサイ スイートアリッサム スカシタゴボウ ストック セイヨウカラシナ タアツァイ タネツケバナ ダイコン ナノハナ ニオイアラセイトウ ハクサイ ハナナ ハボタン ハマダイコン ハルザキヤマガラシ バージニア・ストック ブロッコリー ヘリオフィラ・ロンギフォリア マメグンバイナズナ ミチタネツケバナ ミヤマタネツケバナ ミヤマハタザオ ムラサキハナナ ヤマガラシ ヤマハタザオ ユリワサビ ルッコラ ワサビ

iPhoneアプリ-花しらべ