HOME  BACKベンケイソウ科クラッスラ属   常緑低木
カネノナルキ (金のなる木)
Crassula ovata
  南アフリカ原産で昭和初期に導入された常緑低木。名前の由来は、葉が硬貨に似ることから。12-4月に1cm程の白色から淡紅色の星形花をつける。葉は光沢があり鮮緑色で2-4cmの楕円形。
英  名Jade Plant,Money tree
別  名カゲツ(花月)、フチベニベンケイ(縁紅弁慶)
原産地/原生地南アフリカ
花  期12月-4月
樹  高30-300cm
種  別栽培
花言葉一攫千金
カネノナルキカネノナルキ
カネノナルキカネノナルキ
ベンケイソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ