HOME  BACKキンポウゲ科エランティス属   多年草
セツブンソウ (節分草)
Eranthis pinnatifida
  日当たりの良い林縁の石灰岩質土壌に自生する多年草。スプリング・エフェメラル(春植物)のひとつ。名前の由来は、旧暦の節分(3月中旬)のころに花を咲かせることから。属名のEranthisはギリシア語のer(春)とanthos(花)が語源。2-3月に花茎の先に2cm程の白色の花を1個つける。5枚の花びらは萼片で、花弁は退化し中央の黄色の部分。根生葉は5-10cmで3全裂し、裂片がさらに細裂する。茎葉は花茎の上部で2個対生し、3深裂する。関東では秩父地方に多く自生する。
原産地/原生地日本
花  期2月-3月
草  丈5-20cm
地  域本州(関東地・中部)
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉気品、人間嫌い
セツブンソウセツブンソウ
セツブンソウ 
キンポウゲ科エランティス属の仲間

キンポウゲ科の仲間
アキカラマツ アズマイチゲ アネモネ アネモネ・ブランダ イチリンソウ イトキンポウゲ イヌショウマ ウマノアシガタ ウメバチキンポウゲ エゾノリュウキンカ エンコウソウ オオレイジンソウ オキナグサ オクトリカブト オダマキ カナダオダマキ カラマツソウ キクザキイチゲ キタダケソウ キツネノボタン キバナセツブンソウ キンバイソウ クサボタン クリスマスローズ クレマチス クレマチス・モンタナ ケキツネノボタン サラシナショウマ サンリンソウ シキンカラマツ シナノキンバイ シュウメイギク シラネアオイ セイヨウオキナグサ セリバオウレン セリバヒエンソウ センニンソウ タガラシ チドリソウ ツクモグサ デルフィニウム トウゴクサバノオ トロリウス ニゲラ ニリンソウ ハイキンポウゲ ハクサンイチゲ ハナトリカブト ハンショウヅル バイカオウレン バイカカラマツ バイカモ ヒキノカサ ヒダカソウ ヒメイチゲ ヒメウズ ヒメリュウキンカ フクジュソウ フタマタイチゲ ボタンヅル ミチノクフクジュソウ ミツバオウレン ミヤマオダマキ ミヤマカラマツ ミヤマキンポウゲ ミヤマトリカブト ミヤマハンショウヅル モミジカラマツ ヤチトリカブト ヤブイチゲ ヤマオダマキ ヤマトリカブト ユキワリイチゲ ユキワリソウ ラナンキュラス ラナンキュラス・ゴールドコイン リュウキンカ ルイヨウショウマ レンゲショウマ

iPhoneアプリ-花しらべ