HOME  BACKアヤメ科クロッカス属   耐寒性球根
クロッカス
Crocus spp.
  地中海沿岸から小アジア原産の球根草。属名のCrocusはギリシャ語のkrokos(糸)が語源で、根出葉が糸状であることに因む。クロッカス属は約80種分布する。耐寒性が強く、地下には球茎のみがある。1-4月に短い花茎の先に5cm程の白・紫・黄色の花をつける。花被片は6個で椀形。秋に開花するサフランに対し、早春に開花することからハルサフランと呼ばれる。小型で春咲きより早く咲くものは「寒咲きクロッカス」と呼ばれる。花壇や鉢植えで利用される。
英  名Crocus
別  名ハルサフラン(春サフラン)、ハナサフラン(花サフラン)
原産地/原生地地中海沿岸から小アジア
花  期1月-4月
草  丈5-20cm
種  別栽培
花言葉青春の喜び(黄)、切望(白)、愛の後悔(紫)
クロッカスクロッカス
クロッカスクロッカス
クロッカスクロッカス
クロッカスクロッカス
クロッカス 
アヤメ科クロッカス属の仲間

アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ