HOME  BACKモクセイ科ソケイ属   つる性落葉小低木
オウバイ (黄梅)
Jasminum nudiflorum
  中国原産で江戸時代初期に導入されたつる性落葉低木。名前の由来は、黄色の梅の花に似た花を咲かせることから。枝は垂れ下がって伸びる。2-4月に枝先に散形花序をだし、2cm程の黄色の花をつける。花冠は高杯形で5-6裂する。葉は対生、3出複葉、小葉は2-4cmの長楕円形。庭木や盆栽などで植栽される。早春に葉の出る前に黄色い花が咲くことから中国では迎春花と呼ばれる。ジャスミンの仲間であるが香りはあまりない。
英  名Winter jasmine
別  名ゲイシュンカ(迎春花)
原産地/原生地中国
花  期2月-4月
樹  高50-200cm
種  別栽培
花言葉恩恵、優美
オウバイオウバイ
オウバイオウバイ
モクセイ科ソケイ属の仲間

モクセイ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ