HOME  BACKツバキ科ツバキ属   常緑高木
ツバキ (椿)
Camellia japonica
  海沿いや山地に分布する常緑高木。春の季語。名前は、古名のツバ(葉に光沢がある様子)に由来しツバの木からツバキとする説、艶葉木、厚葉木、光葉木が転訛したとする説がある。1-4月に枝先の葉腋に花をつけ、花弁は5個で平開しない。花弁が基部でつながっていて萼を残して丸ごと落ちる。葉は互生し、葉身は5-12cmの長楕円形、先が尖り、縁に細かい鋸歯がある。ヤブツバキは代表的な原種。極大輪から極小輪、一重咲き、八重咲きと多くの園芸品種があり、庭木などで植栽される。種子から椿油が採れる。よく似るサザンカとの違いは、ツバキは早春に花が咲くが、サザンカは秋に咲く。ツバキの花は首からポトリと落ちるのに対し、サザンカは花が散る。ツバキの花は雄しべが筒状でサザンカは花が平開する。
英  名Camellia
別  名ヤブツバキ(藪椿)
原産地/原生地日本、東アジア
花  期1月-4月
樹  高50-1000cm
地  域本州、四国、九州、沖縄
環  境山地/林縁
種  別自生/栽培
花言葉完璧な魅力、理想の愛(白)、気取らない優美さ(赤)
ツバキツバキ
ツバキツバキ
ツバキツバキ
ツバキツバキ
ツバキツバキ
ツバキ科ツバキ属の仲間

ツバキ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ