HOME  BACKユキノシタ科ベルゲニア属   耐寒性多年草
ヒマラヤユキノシタ (ヒマラヤ雪の下)
Bergenia stracheyi
  ヒマラヤ原産で明治時代初期に導入された常緑多年草。属名のBergeniaは18世紀のドイツ人植物学者Karl August von Bergen の名に因む。ベルゲニア属は10種が分布する。名前は、ヒマラヤ原産で葉がユキノシタに似ることから。春に、根生葉から花茎を伸ばし茎先に4-8cmの集散花序をだし、2cm程の淡紅色の5弁花を多数つける。根生葉は10-20cmの卵形で光沢があり、ウチワのような形からオオイワウチワの別名がある。強健で育てやすく花壇などで利用される。
英  名Himalayan creeping saxifrage
別  名ベルゲニア、オオイワウチワ(大岩団扇)
原産地/原生地アフガニスタンからヒマラヤ
花  期12月-5月
草  丈10-40cm
種  別栽培
花言葉順応、秘めた愛
ヒマラヤユキノシタヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ 
ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ