HOME  BACKノボタン科ハシカンボク属   常緑低木
ハシカンボク (波志干木)
Bredia hirsuta
  屋久島以南の林内や林縁に自生する常緑低木。観賞用に栽培される。名前の由来は、沖縄でハシカン(波志干)と呼ばれていたことから。5-11月に枝先に集散花序をだし、2cm程の淡紅色の4弁花をつける。 葉は対生し、葉身は4-10cmの卵形から卵状楕円形、縁に細かい鋸歯がある。
別  名ハシカン、ブレディア
原産地/原生地日本
花  期5月-11月
樹  高30-100cm
地  域九州・鹿児島、沖縄
環  境山地/林縁
種  別自生/栽培
ハシカンボクハシカンボク
ハシカンボク 
ノボタン科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ