HOME  BACKキジカクシ科ツルボ属   耐寒性球根
ツルボ (蔓穂)
Barnardia japonica
  日当たりの良い山地や草原などに自生する球根草。名前の由来は、球根がつるつる坊主に似ることから。別名のサンダイガサ(参内傘)は、花穂がサンダイガサ(参内傘:公卿が宮中に参内するときに従者がさしかけた長柄の傘)に似ることから。根生葉は10-25cmの線形で2個つく。8-10月に花茎の先に総状花序をだし、小さな淡紅色の花を密生する。花被片は6個。花は下から上に咲き上がる。
別  名サンダイガサ(参内傘)
原産地/原生地日本、台湾、中国、朝鮮半島、ロシア
花  期8月-10月
草  丈15-40cm
地  域日本全土
環  境田畑/山地/草原/道端
種  別自生
花言葉我慢強い
ツルボツルボ
ツルボツルボ
キジカクシ科の仲間
アスパラガス アスパラガス・スプレンゲリー アマドコロ アンテリクム・リリアゴ オーニソガラム・アラビカム オーニソガラム・シルソイデス オーニソガラム・ダビウム オオアマナ オオナルコユリ オオバジャノヒゲ オオヒナユリ オモト オリヅルラン キチジョウソウ ギボウシ コルディリネ・レッドスター サンセベリア シラー・シベリカ シラー・ペルビアナ シラー・ミッシェンコアナ ジャノヒゲ スズラン センネンボク タチテンモンドウ チオノドクサ ツリガネズイセン トックリラン トリテレイア ドラセナ ナギイカダ ナルコユリ ニオイシュロラン ノシラン ハナスゲ ハネムスカリ ハラン ヒメイズイ ヒメヤブラン ヒヤシンス ヒロハヒナユリ フリンジリリー プシュキニア・リバノティカ ポリキセナ マイヅルソウ ムスカリ ヤブラン ユーコミス ユキザサ ユッカ ラケナリア ワニグチソウ

iPhoneアプリ-花しらべ