HOME  BACKキジカクシ科シラー属   耐寒性球根
ツルボ (蔓穂)
Scilla scilloides
  日当たりの良い山地や草原などに自生する球根草。名前の由来は、球根がつるつる坊主に似ることから。別名のサンダイガサ(参内傘)は、花穂がサンダイガサ(参内傘:公卿が宮中に参内するときに従者がさしかけた長柄の傘)に似ることから。8-10月に花茎の先に総状花序をだし、小さな淡紅色の花を密生する。花被片は6個。花は下から上に咲き上がる。根生葉は10-25cmの線形で2個つく。
別  名サンダイガサ(参内傘)
原産地/原生地日本、中国、朝鮮半島
花  期8月-10月
草  丈15-40cm
地  域日本全土
環  境田畑/山地/草原/道端
種  別自生
花言葉我慢強い
ツルボツルボ
ツルボツルボ
キジカクシ科シラー属の仲間

キジカクシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ