HOME  BACKセリ科シシウド属   多年草
アシタバ (明日葉)
Angelica keiskei
  海岸の岩場や草むらに自生する多年草。名前の由来は、今日葉を摘んでも、明日にはまた新しい葉が出てくることから。8-10月に茎先に複散形花序をだし、小さな白い5弁花を多数つける。根生葉は羽状複葉、縁に鋸歯がある。葉と茎を食用にする。
英  名Ashitaba
別  名ハチジョウソウ(八丈草)、アシタグサ(明日草)
原産地/原生地日本
花  期8月-10月
草  丈50-150cm
地  域本州・関東地方南部(房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島)から紀伊半島
環  境海岸
種  別自生/野菜・果物
花言葉旺盛な活動力
アシタバアシタバ
アシタバアシタバ
アシタバ 
セリ科シシウド属の仲間

セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ