HOME  BACKヒガンバナ科アリウム属   球根
ニラ (韮)
Allium tuberosum
  東アジア原産の球根草。名前の由来は、韮は漢名で、古事記ではカミラ(加美良)で呼ばれ、これが訛ってニラになったとされる。8-10月に茎頂に散形花序をだし、小さな白色の花を多数つける。花被片は6個。葉は20-30cmの平たい線形。全体に特有の臭いがある。βカロテン、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含有する緑黄色野菜で中華の食材などで利用される。
英  名Garlic chives
原産地/原生地東アジア
花  期8月-10月
草  丈20-50cm
種  別自生/野菜・果物
花言葉多幸
ニラニラ
ニラニラ
ニラニラ
ヒガンバナ科アリウム属の仲間

ヒガンバナ科の仲間
アガパンサス アマゾンユリ アマリリス アリウム・ギガンチウム アリウム・クリストフィー アリウム・トリケトラム アリウム・ネアポリタナム アリウム・マウントエベレスト アリウム・モーリー アリウム・ユニフォリウム インドハマユウ キイイトラッキョウ キズイセン キツネノカミソリ キルタンサス ギョウジャニンニク クイーン・エマ・リリー クンシラン ササガニユリ シブツアサツキ ショウキズイセン シロウマアサツキ シロバナマンジュシャゲ スイセン スイセン・ペーパーホワイト スカドクサス・ムルティフロルス ステルンベルギア スノードロップ スノーフレーク ゼフィランサス タヌキノカミソリ タマスダレ チャイブ ツバメズイセン ナツズイセン ナルキッスス・カンタブリクス ナルキッスス・ブルボコディウム ネギ ネリネ ノビル ハマユウ ヒガンバナ マユハケオモト ヤマラッキョウ ラッキョウ ラッパズイセン リューココリーネ

iPhoneアプリ-花しらべ