HOME  BACKクマツヅラ科バーベナ属   多年草
アレチハナガサ (荒地花笠)
Verbena brasiliensis
  南アメリカ原産の多年草。1967年頃に神奈川県や福岡県で確認された帰化植物。河原や荒れ地に自生する。茎は直立し、断面は四角形。上部でよく分枝する。6-10月に茎先に3cm程の穂状花穂を多数つける。花冠は数ミリで5裂する。葉は対生し、葉身は広線形、縁に鋸歯があり、基部は茎を抱かない。ヤナギハナガサに似るが、花は小さく多くつかない。
英  名Brazil vervain
原産地/原生地南アメリカ
花  期6月-10月
草  丈50-300cm
地  域本州・関東地方以西、四国、九州、沖縄
環  境田畑/河原/草原/道端
種  別自生
アレチハナガサアレチハナガサ
アレチハナガサアレチハナガサ
クマツヅラ科バーベナ属の仲間

クマツヅラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ