HOME  BACKオミナエシ科オミナエシ属   耐寒性多年草
オトコエシ (男郎花)
Patrinia villosa
  山野に自生する多年草。名前の由来は、同時期に咲く黄色の花をつけるオミナエシを女性に、白色の花をつけ茎が太い丈夫そうなオトコエシを男性に例えた。株元から走出枝(ランナー)を出してふえる。8-10月に茎頂に散房花序を出し、小さな白い花を多数つける。花冠は5裂する。葉は対生し、茎の上部の葉の葉身は5-15cmの楕円形、縁に鋸歯がある。茎の下部の葉は羽状に裂ける。
英  名White patrinia
別  名チメクサ、トチナ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、台湾
花  期8月-10月
草  丈50-150cm
地  域全土
環  境山地/林縁/草原
種  別自生
花言葉野生味
オトコエシオトコエシ
オトコエシオトコエシ
オミナエシ科オミナエシ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ