HOME  BACKオシロイバナ科ブーゲンビリア属   つる性木本
ブーゲンビリア
Bougainvillea
  中南米原産で明治時代に導入されたつる性の木本。南米に14種の原種が分布する。属名はフランス人の探検家ブーガンヴィル(Bougainville)が1768年にブラジルでこの木を発見したことに因む。とげのある枝をアーチ状に伸ばし、枝先に花をつける。花びらに見えるのは葉が変化した苞葉で、中央部にある小さい白い部分が花。苞葉は、紙のように薄いためPaper flowerの英名がある。葉は互生し、葉身は卵形、先が尖る。温室や熱帯では周年開花する。
英  名Paper flower
別  名イカダカズラ(筏葛)、テリハイカダカズラ
原産地/原生地中南米
花  期1月-12月
樹  高50-500cm
種  別栽培
花言葉私はあなたを信じます、情熱(ピンク)、熱心(白)
ブーゲンビリアブーゲンビリア
ブーゲンビリアブーゲンビリア
ブーゲンビリアブーゲンビリア
ブーゲンビリアブーゲンビリア
オシロイバナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ