HOME  BACKナス科ナス属   多年草
ワルナスビ (悪茄子)
Solanum carolinense
  北アメリカ原産の多年草。牧草に混入し侵入したとされ明治初期に千葉県で発見された帰化植物。全国の道端や荒地などに自生する。名前の由来は、茎や葉に鋭いとげがあることから。6-10月に集散花序をだし、3cm程の白や淡紫色の花を数個-10個つける。葉は互生し、葉身は10-15cmの長楕円形、縁に波状の粗い鋸歯がある。繁殖力の強い害草で全草がソラニンを含む有毒植物。環境省・要注意外来生物。
英  名Carolina horsenettle
別  名オニナスビ
原産地/原生地北アメリカ・南東部
花  期6月-10月
草  丈30-100cm
地  域全土
環  境田畑/河原/草原/道端
種  別自生
花言葉いたずら
ワルナスビワルナスビ
ワルナスビワルナスビ
ワルナスビワルナスビ
ナス科ナス属の仲間

ナス科の仲間
アメリカイヌホオズキ アメリカバンマツリ イヌホオズキ ウコンラッパバナ エンジェルトランペット オオセンナリ オオマルバノホロシ カリブラコア キチョウジ ギンパイソウ クコ クロホオズキ ケストルム・エレガンス シザンサス ショクヨウホオズキ ジャガイモ センナリホオズキ ソラナム・ラントネッティ ソランドラ・ロンギフローラ タバコ タマサンゴ チョウセンアサガオ ツノナス ツルハナナス トウガラシ トマト ナス ニーレンベルギア ニオイバンマツリ ニコチアナ ハコベホオズキ ハシリドコロ ハダカホオズキ ヒヨス ヒヨドリジョウゴ ヒルザキヤコウカ ピーマン ブロワリア ペチュニア ホオズキ ヤコウカ ルリイロツルナス ルリヤナギ

iPhoneアプリ-花しらべ