HOME  BACKクマツヅラ科ランタナ属   常緑低木
ランタナ
Lantana camara
  中南米原産で江戸時代末期に導入された常緑低木。ランタナ属は熱帯から亜熱帯アメリカに約150種分布する。葉腋に半球状に4cm程の散形花序をだし、小さな花を多数つける。咲き始めは黄色で、次に橙色になり、最後に赤色に変化することからシチヘンゲ(七変化)とも呼ばれる。葉は対生し、葉身は3-6cmの卵形で、先は尖り、縁に鋸歯がある。花壇や公園樹などで利用される。丈夫で乾燥地や荒れ地などにも育ち熱帯各地に帰化している。暖地では周年開花する。主な園芸品種に黄色のゴールドマイン(Goldmine)、オレンジと黄のラディエーション(Radiation)、淡紅と黄の(Feston Rose)などがある。ランタニンを含む有毒植物で未熟果実は誤食すると嘔吐・下痢を起こす。
英  名Common Lantana,Shurub verbena
別  名シチヘンゲ(七変化)
原産地/原生地中央アメリカ・南アメリカの熱帯地域
花  期1月-12月
樹  高20-80cm
種  別自生/栽培
花言葉協力、厳格
ランタナランタナ
ランタナランタナ
ランタナランタナ
ランタナランタナ
クマツヅラ科ランタナ属の仲間

クマツヅラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ