HOME  BACKスイカズラ科スカビオサ属   二年草
マツムシソウ (松虫草)
Scabiosa japonica
  日当たりの良い山野に自生する二年草。名前の由来は、マツムシ(松虫)が鳴く頃に花が咲くということからという説、花後の頭部が巡礼のタタキガネ(叩鉦)の松虫鉦に似ることからという説がある。8-10月に茎先に3cm程の淡紫色の頭花を1個つける。舌状花は2唇で、下唇は3深裂する。葉は対生し、羽状に細かく裂ける。
英  名Japanese Pincushion Flower
原産地/原生地日本
花  期8月-10月
草  丈30-130cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/草原
種  別自生
花言葉不幸な愛
マツムシソウマツムシソウ
マツムシソウ 
スイカズラ科スカビオサ属の仲間

スイカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ