HOME  BACKスベリヒユ科スベリヒユ属   非耐寒性一年草
マツバボタン (松葉牡丹)
Portulaca grandiflora
  南アメリカ原産で江戸時代末期に導入された一年草。名前の由来は、葉がマツバ(松葉)に、花がボタン(牡丹)に似ることから。葉は多肉質で、葉身は2cm程の筒状線形。5-10月に4-5cm程の白、淡紅、赤、橙、黄色の一重、八重の花をつける。日光が当たらないと開花せず乾燥に強いが寒さに弱い。花壇や鉢植えで利用される。
英  名Moss rose
別  名ヒデリソウ(日照草)
原産地/原生地南アメリカ
花  期5月-10月
草  丈10-20cm
種  別栽培
花言葉無邪気、可愛らしさ
マツバボタンマツバボタン
マツバボタンマツバボタン
マツバボタンマツバボタン
マツバボタンマツバボタン
スベリヒユ科スベリヒユ属の仲間

スベリヒユ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ