HOME  BACKカタバミ科オキザリス属   耐寒性球根
フヨウカタバミ (芙蓉酢漿草)
Oxalis purpurea
  南アフリカ原産で明治時代中期に観賞用に導入された球根草。名前は花がフヨウ(芙蓉)に似るオキザリスの意。11-4月に4cm程の白色、淡紅色の5弁花をつける。葉は3小葉、葉身は2cm程の円形から広菱形。
英  名Purple woodsorrel
別  名オキザリス・プルプレア、オキザリス・バリアビリス
原産地/原生地南アフリカ
花  期11月-4月
草  丈5-20cm
環  境道端
種  別栽培
花言葉輝く心
フヨウカタバミフヨウカタバミ
フヨウカタバミフヨウカタバミ
カタバミ科オキザリス属の仲間

カタバミ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ