HOME  BACKアオイ科フヨウ属   落葉低木
フヨウ (芙蓉)
Hibiscus mutabilis
  中国原産とされる落葉低木で古い時代から栽培されている。名前の由来は、漢名の木芙蓉を芙蓉に略した。7-10月に枝の上部の葉腋に10cm程の淡紅色や白色の5弁花をつける。朝咲いて、夕方にはしぼむ一日花。葉は互生し、葉身は10-20cmで掌状に浅く3-7裂する。伊豆半島、紀伊半島、四国、九州南部や沖縄では野生化している。庭木や公園樹で植裁される。スイフヨウ(酔芙蓉)は八重咲きの園芸品種。よく似るムクゲとの見分け方は、フヨウは花の大きさが8-15cm、葉の大きさは10-20cm、ムクゲは花の大きさが5-10cm、葉の大きさは4-10cmで一回り小さい。
英  名Cotton rose
別  名モクフヨウ(木芙蓉)
原産地/原生地中国・中部
花  期7月-10月
樹  高50-400cm
地  域本州、四国、九州、沖縄
種  別自生/栽培
花言葉繊細な美、富貴
フヨウフヨウ
フヨウフヨウ
フヨウフヨウ
アオイ科フヨウ属の仲間

アオイ科の仲間
アーノッティアヌス アオギリ アニソドンテア アノダ・クリスタータ アブチロン アメリカフヨウ イチビ イリマ ウオトリギ ウスベニアオイ ウスベニタチアオイ ウナズキヒメフヨウ エノキアオイ オオハマボウ オクラ カカオ カラスノゴマ キクノハアオイ キワタノキ キンゴジカ ギンセンカ ケナフ コラノキ ゴエテア・ストリクティフローラ ゴジカ サキシマハマボウ サキシマフヨウ シェービングブラシツリー シナノキ スイフヨウ スイレンボク セイヨウシナノキ ゼニアオイ ゼニバアオイ タチアオイ チロリアンランプ トゲアオイモドキ トックリキワタ トロロアオイ ドンベア ハイアオイ ハイビスカス ハイビスカス・コキオ ハナアオイ ハマボウ バオバブノキ パキラ・アクアティカ パボニア ヒメフヨウ ピンポンノキ フウリンブッソウゲ フユアオイ ボダイジュ マルバストラム・ラテリティウム ムクゲ ムスクマロウ モミジアオイ ヤツデアオギリ ヤノネボンテンカ ラバテラ・バーンスレイ ラバテラ・バイカラー ローゼル ワタ

iPhoneアプリ-花しらべ