HOME  BACKツリフネソウ科ツリフネソウ属   一年草
ツリフネソウ (釣船草)
Impatiens textorii
  全国の山地の水辺や湿地などに自生する一年草。名前の由来は、花の様子が帆掛け舟を吊り下げているように見えることから。7-10月に上部の葉腋から花序を斜上し、4cm程の赤紫色の船形の花をつける。花弁は3個。葉は互生し、葉身は5-15cmの楕円形、縁に鋸歯がある。仲間には黄色の花をつけるキツリフネがある。
別  名ムラサキツリフネ(紫釣船)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期7月-10月
草  丈50-80cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/池沼
種  別自生
花言葉安楽
ツリフネソウツリフネソウ
ツリフネソウツリフネソウ
ツリフネソウ科ツリフネソウ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ