HOME  BACKキキョウ科ツリガネニンジン属   耐寒性多年草
ツリガネニンジン (釣鐘人参)
Adenophora triphylla var. japonica
  山野の日当たりの良い草地などに自生する多年草。名前の由来は、花が青紫のツリガネ(釣鐘)状で、根がチョウセンニンジン(朝鮮人参)に似ることから。7-10月に茎の上部で数段に別れて釣鐘形の花を輪生する。花冠の先は5裂する。葉は3-6個輪生し、葉身は狭楕円形で先は尖り、縁に鋸歯がある。信州の歌「山でうまいはオケラにトトキ、里でうまいはウリ、ナスビ。 嫁に食わすのも惜しゅうござる。」のトトキとは、ツリガネニンジンのことで山菜として食用にされる。
別  名ツリガネソウ(釣鐘草)、トトキニンジン
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期7月-10月
草  丈40-100cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁/草原
種  別自生
花言葉感謝
ツリガネニンジンツリガネニンジン
ツリガネニンジンツリガネニンジン
キキョウ科ツリガネニンジン属の仲間

キキョウ科の仲間
アオバナホタルブクロ イソトマ イワギキョウ イワシャジン オトメギキョウ カンパニュラ・ガルガニカ カンパニュラ・パーシフォリア カンパニュラ・ポシャルスキアナ カンパニュラ・メリーベル カンパニュラ・ラクチフローラ カンパニュラ・ラティフォリア キキョウ キキョウソウ サワギキョウ シデシャジン ソバナ タニギキョウ タマシャジン チシマギキョウ ツルニンジン ハクサンシャジン ハタザオキキョウ バアソブ ヒプセラ・レニフォルミス フィソプレキシス・コモサ フウリンソウ プラティア ベニバナサワギキョウ ホシアザミ ホタルブクロ ミゾカクシ モノプシス ヤツシロソウ ヤマホタルブクロ ロベリア

iPhoneアプリ-花しらべ