HOME  BACKツバキ科ツバキ属   常緑小高木
サザンカ (山茶花)
Camellia sasanqua
  山地の林内や林縁などに自生する。名前の由来は、ツバキ科をさす中国名の山茶に因み、花は山茶花(サンサカ)、これが転訛しサザンカとなった。10-1月に枝先に4-8cmの花をつけ、花弁は5-7個。葉は革質で、互生、葉身は3-7cmの長楕円形、縁に鈍い鋸歯がある。白花の野生種、ツバキとの交雑種、八重咲き・一重咲きなど江戸時代から多くの園芸品種が作出されている。刈込に強く丈夫なため庭木・生垣・鉢植えなどで利用される。よく似るツバキとの違いは、ツバキは早春に花が咲き、サザンカは晩秋に咲く。ツバキの花は首からポトリと落ちるのに対し、サザンカは花弁が一枚ずつパラパラ落ちる。ツバキの花は雄しべが筒状でサザンカは花が平開する。
英  名Sasanqua camellia
原産地/原生地日本
花  期10月-1月
樹  高50-700cm
地  域本州、四国、九州、沖縄
環  境山地/林縁
種  別自生/栽培
花言葉困難に打ち勝つ、無垢(白)、謙譲(赤)
サザンカサザンカ
サザンカサザンカ
サザンカサザンカ
サザンカサザンカ
ツバキ科ツバキ属の仲間

ツバキ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ