HOME  BACKカタバミ科オキザリス属   多年草
カタバミ (片喰)
Oxalis corniculata
  道端や草地などに普通に見られる多年草。名前の由来は、小葉が夜に閉じて(睡眠運動)、葉の一方だけが食べられたように欠けて見えることからカタバミ(片喰)と名付けられた。地面を這うように茎を伸ばし草丈は5-20cm。3-11月に1cm程の黄色の5弁花をつける。葉は3小葉、葉身は1cmのハート形。全草にシュウ酸カリウムを含み誤食すると消化器官の粘膜に炎症を起こすことがある。仲間には、葉が赤いアカカタバミ、茎が立ち上がる(草丈:20-50cm)オッタチカタバミがある。
英  名Yellow Wood Sorrel,Creeping Oxalis
原産地/原生地世界の温帯から熱帯
花  期3月-11月
草  丈5-20cm
地  域全土
環  境田畑/草原/道端
種  別自生
花言葉輝く心
カタバミカタバミ
カタバミカタバミ
カタバミ 
カタバミ科オキザリス属の仲間

カタバミ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ