HOME  BACKオシロイバナ科オシロイバナ属   半耐寒性多年草
オシロイバナ (白粉花)
Mirabilis jalapa
  熱帯アメリカ原産で江戸時代に観賞用に導入された一年草。帰化植物。名前の由来は、種子の中がオシロイのような白い粉状であることから。英名のfour-o'clockは夕方の4時頃から咲きだすことから。6-10月に3cm程の芳香のある白、黄、淡紅、赤色の高杯形の5弁花をつける。夕方に開花し、朝には閉じる。葉は対生し、葉身は5-10cmの卵形。花壇などで利用される。根茎が有毒で誤食すると嘔吐・腹痛・下痢を起こす。
英  名beauty-of-the-night,four-o'clock
別  名ユウゲショウ(夕化粧)
原産地/原生地熱帯アメリカ
花  期6月-10月
草  丈50-100cm
環  境田畑/河原/道端
種  別自生/栽培
花言葉臆病、内気
オシロイバナオシロイバナ
オシロイバナオシロイバナ
オシロイバナオシロイバナ
オシロイバナ 
オシロイバナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ