HOME  BACKユリズイセン科アルストロメリア属   耐寒性球根
アルストロメリア
Alstroemeria spp.
  南アメリカ原産で大正時代末期に導入された球根草。属名は18世紀のスウェーデンの植物学者Claus von Alstroemerに因む。原種は60種以上あり、ブラジル・アルゼンチン・ペルー・チリなどに自生する。インカのユリの別名がある。3-11月に茎頂に散形花序をだし、淡紅色、橙色や黄色の6弁花を多数つける。花弁に斑点模様があるのが特徴。葉は葉柄がねじれて裏側が上面になる。互生し、葉身は広卵形から披針形、先が尖る。多くの園芸品種があり花壇・鉢植え・切り花などで利用される。
英  名Lily of the Incas,Peruvian lily
別  名ユリズイセン(百合水仙)、インカノユリ
原産地/原生地南アメリカ
花  期3月-11月
草  丈30-100cm
種  別栽培
花言葉エキゾチック、持続、友情
アルストロメリアアルストロメリア
アルストロメリアアルストロメリア
アルストロメリアアルストロメリア
アルストロメリア 
iPhoneアプリ-花しらべ