HOME  BACKスイカズラ科アベリア属   常緑低木
アベリア
Abelia X grandiflora
  中国原産のシナツクバネウツギとユニフローラの交配種。大正時代に導入された常緑低木。5-11月に枝先や葉腋から円錐花序をだし、2cm程の白色・淡紅色の花をつける。花冠は漏斗形で5裂する。葉は対生し、葉身は2-5cmの卵形から楕円形、先が尖る。生垣・公園樹・庭木などで植栽される。園芸品種には花色が淡紅色のエドワードゴーチャ(cv. Edward Goucher)や黄金斑入りのフランシス・メイソン(cv. Francis Masson)などがある。
英  名Abelia
別  名ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)、ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)
原産地/原生地中国
花  期5月-11月
樹  高50-300cm
種  別栽培
花言葉謙譲
アベリアアベリア
アベリアアベリア
スイカズラ科アベリア属の仲間

スイカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ