HOME  BACKヒガンバナ科アガパンサス属   耐寒性球根
アガパンサス
Agapanthus africanus
  南アフリカの海岸地域や山地の草原に分布し明治時代中頃に導入された多年草。属名のアガパンサスは、ギリシア語のagape(神の愛)とanthos(花)が語源。6-7月に茎頂に散形花序をだし、3cm程の漏斗形の白色や淡紫色の6弁花を多数つける。根生葉は20-30cmの線形。秋に果実が熟す。花壇・鉢植え・切り花などで利用される。
英  名African lily
別  名ムラサキクンシラン(紫君子蘭)
原産地/原生地南アフリカ
花  期6月-7月
草  丈30-150cm
種  別栽培
花言葉恋の訪れ、知的な装い
アガパンサスアガパンサス
アガパンサスアガパンサス
アガパンサスアガパンサス
アガパンサス 
ヒガンバナ科の仲間
アマゾンユリ アマリリス アリウム・ギガンチウム アリウム・クリストフィー アリウム・トリケトラム アリウム・ネアポリタナム アリウム・マウントエベレスト アリウム・モーリー アリウム・ユニフォリウム インドハマユウ キイイトラッキョウ キズイセン キツネノカミソリ キルタンサス ギョウジャニンニク クイーン・エマ・リリー クンシラン ササガニユリ シブツアサツキ ショウキズイセン シロウマアサツキ シロバナマンジュシャゲ スイセン スイセン・ペーパーホワイト スカドクサス・ムルティフロルス ステルンベルギア スノードロップ スノーフレーク ゼフィランサス タヌキノカミソリ タマスダレ チャイブ ツバメズイセン ナツズイセン ナルキッスス・カンタブリクス ナルキッスス・ブルボコディウム ニラ ネギ ネリネ ノビル ハマユウ ヒガンバナ マユハケオモト ヤマラッキョウ ラッキョウ ラッパズイセン リューココリーネ

iPhoneアプリ-花しらべ